革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

貯蓄性を重視している学資保険

学資保険は、子供の成長過程でかかる教育資金を積み立てることを大きな目的にした保険です。
子供の教育費はものすごくかかるものです。
幼稚園から大学まででおよそ1000~3000万円かかるといわれます。
そのうえ習い事をしたり、一人暮らしで大学に通ったりと予想外の出費もばかになりません。

学資保険は毎月(年払いの場合は毎年)保険料として積み立てていき、入学費用のかかるころ満期保険金がもらえます。
学資保険も生命保険の一種になるので、契約者(親)に万一のことがあったら、その後の支払が免除され、さらに満期保険金を全額受け取れます。

学資保険には2種類あります。保障型と貯蓄型です。
こちらの学資保険の比較サイトもしっかり読んで参考にしてみましょう。
保障型は医療保障や死亡保障が充実した学資保険で、契約者(親)に万一のことがあった場合に満期まで育英年金が受け取れたり、死亡保険がもらえたり、
被保険者(子供)が大きなケガや病気で入院したりした場合の保障もついていて安心です。
しかし保障型は、いざ教育資金がかかるときの満期の支払が払っていた保険料を下回る額という元本割れになるので、
「教育資金を積み立てるために学資保険に入ったのに!」となってしまうかもしれません。

他に生命保険に入っている、教育資金さえ貯まればいい、という方には、貯蓄型の学資保険の方がおすすめです。
貯蓄型は保障がついていない純粋に教育資金を貯める目的の学資保険です。
病気や死亡の保障がついていない分返戻率が高いのが良いところ。
貯蓄型でも契約者に万一のことがあったときは満期保険金が全額受け取れる機能は失われていないので安心です。

返戻率の高い生命保険として、ソニー生命の「スクエア」やアフラックの「夢見るこどもの学資保険」、フコク生命の「みらいのつばさ」などが挙げられ、
最近では自由に選択できる幅の広いソニー生命が人気のようです。
こちらのサイトの、出費の多い時期を避けたい方におすすめの学資保険についての解説ページも大変参考になりますので、是非お読みになってみてください。

学資保険は入る前に、自分の子供の教育資金にだいたいいくらかかるのかを考え、自分に合った学資保険をしっかり比較検討されたほうがよいでしょう。

クレジットカード払いhttp://xn--ruqz4zs43b2di.biz/が出来る学資保険も調べてみましょう。

また資産運用は株式投資といった方法もあります。
株初心者が株式投資を始めるためには、売買注文の仕方や株主優待、配当、株価が上下する仕組みを勉強することが大事です。