革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

学資保険って元本割れしないの?

学資保険は元本割れしないのかという疑問はもっともだと思います。
答えは「学資保険の種類によって異なる」です。

貯蓄型と呼ばれる学資保険は、その名の通り貯蓄して教育費を積み立てることに重点をおいた保険です。
こういうタイプの学資保険は返戻率が100%を超えます。
しかし最近は金利が低いので超えるといってもわずかです。
また、こちらのサイトでは 学資保険の相場金額について解説していました。

学資保険は生命保険の一種です。
もしも万が一契約者(親)に何かのことがあった場合も、満期時には全額支払われるので教育費が出せる、という意味合いのものです。
運用目的で学資保険に入るのは避けたほうがよいでしょう。

そして保障型と呼ばれる学資保険、こちらは元本割れします。
保障型は貯蓄型の学資保険よりも生命保険や医療保険の意味合いが強いのです。
貯蓄型同様、契約者(親)に万一のことがあっても満期時に全額支払われることに加えて、医療保障や死亡保障が受けられるのでその分保険料が高く設定されています。
保障型の学資保険は契約者(親)のみならず、被保険者(こども)が大けがや病気で入院した場合や、死亡した場合の保障もあります。
かんぽ生命(郵便局)の学資保険やニッセイ「こどもの保険げ・ん・きEX」がこのタイプです。
何かあった時を心配される方は保障型の学資保険の加入もよいですが、その場合は生命保険や医療保険に入っていて内容が重複していないかを事前に確かめておく必要があるでしょう。

もし返戻率で選ばれるなら貯蓄型の学資保険がおすすめです。
ご参考までに、現在はソニー生命の「スクエア学資保険」、アフラックの「夢見るこどもの学資保険」、フコク生命の「みらいのつばさ(ジャンプ型)」が返戻率TOPクラスの学資保険です。

学資保険は子供の教育費を捻出する際の手段の一つにすぎません。
必ずしも学資保険に入らなきゃいけないというものではないのです。
元本割れを心配される方には返戻率の高い貯蓄型の学資保険にされるか、ご自身で貯金されることをおすすめします。
学資保険に入る前に、今現在入っている保険やこどもの教育プランを見直して、自分の家に合った方法を選ばれるとよいでしょう。

こちらのインプラントの保険治療もチェックしてみてください。