革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

お子さまの教育資金の準備を考えている方におすすめの学資保険

子供の教育費は幼稚園から大学まででおよそ1000万~3000万円かかるといわれます。
そして最大の出費は大学に進学する時でしょう。
大学の費用がおよそ国公立でも240万以上、私立で500万~900万程度と考えられます。
聞いただけでため息が出るような金額ですね。
でも子供には好きなことをさせてあげたい、いい教育を受けさせてあげたいと思うのが親心です。
いずれくる支払の時に向け、しっかりと準備しておきたいですね。

まず、子供の教育にどれくらいかかるのか考えておきましょう。
先に述べた金額には習い事や塾、寮や一人暮らしの金額などは含んでいません。
学資保険に入る前に、学資保険にどれくらいの金額をかけるのか、学資保険だけで賄えるのか、ざっと計算してよく考えておきましょう。
学資保険を選ぶポイントはこちらを参考にしてください。

大学費用だけでも学資保険のみで賄おうと思ったら、満期の額が最低250万円のものに入らねばなりません。
それに死亡保障や育英年金などが付帯してある学資保険に入ると、満期の額が保険料より低い元本割れになります。
保障型の学資保険より、自分で貯金していたほうが使えるお金は貯まるのです。
もちろん、貯蓄型で返戻率の高い生命保険もありますし、親(契約者)に万一のことがあった場合を考えると学資保険に入る方が安心できます。

元本割れせず、返戻率の高い貯蓄型学資保険をご紹介します。

ソニー生命の「スクエア」は返戻率が業界TOPクラス。
節目の時期に祝い金をもらうようにしたり、満期(17・18・20・22歳と選べる)に一括して受け取れたりと、自分好みにオーダーメイドできます。

アフラックの「夢見るこどもの学資保険」も返戻率の高い保険。
高校進学時(15歳)と大学進学時(17・18歳)に祝い金がもらえ、大学入学時のみでなく4年間毎年受け取ることができます。

フコク生命の「みらいのつばさ」は幼稚園~大学の入学時に祝い金がもらえるステップ型と、大学入学時と満期(22歳)にもらえるジャンプ型があります。
支払は18歳までで終了するので、大学在学中の負担はありません。

子供の将来の選択肢を広げ、安定した生活を送るためにも、教育費のプランは早めに考えておきましょう。
学費保険でもらえる金額についてはこちらをご覧ください。